*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月26日 コバルト文庫 『盗まれたガーディアン・プリンセス』
『盗まれたガーディアン・プリンセス』より

■コバルト文庫1月刊
■発売日:2007/12/26(水)
■判型/頁:文庫判 /256頁
■定価:520円(税込)

■イラスト:早瀬あきら先生
■ネット書店リンク:amazon

■概要
19世紀初頭英国、ロンドンに現れた大怪盗バロンとの衝撃的な出会いを経て、大恋愛中のガーディアン・プリンセス。
弱き貴族女性や幼気な子供達を救う女義賊ガーディアン・プリンセスの正体は、エイルズベリ侯爵令嬢ヴィヴィアン・ブラックフォード。
身分を隠して暗躍するヴィヴィアンを、大怪盗バロンは見守り続けている。
父であるエイルズベリ侯爵はあいかわらず行方不明のまま。侯爵不在のエイルズベリ侯爵家の責任はヴィヴィアンの細い両肩にのしかかっている。
そうしたエイルズベリ侯爵家の状態を危惧した摂政皇太子殿下は、エイルズベリ侯爵位を受け継ぐべき男子を探すよう命じてくる。そのため、一族はヴィヴィアンに正当な男子の跡継ぎとの婚約を迫っていた。その相手は冷たく鋭い瞳のギーズ伯爵サイラス・ロチェスター。
どうしても結婚を受け入れらないヴィヴィアンは追い詰められ、バロンに自分を盗み出してくれるよう頼んでしまう…。
一方、ガーディアン・プリンセスへの依頼を受けたヴィヴィアンは、とんでもない変装をして、ロンドンでも特に治安の良くない地区に入り込み。
愛する人の危機に社交界一のダンディ、ジェラルド・ムーアが動き出す…!?

途中でリアランシリーズ最終巻や短篇集の出版や雑誌書き下ろし等をはさんだため、続刊発行がやや遅くなりましたが、ガーディアン・プリンセスシリーズ第2巻がようやく発行になります。
早瀬あきら先生の素敵なイラスト満載でお届けするガーディアン・プリンセスシリーズ。
ヴィヴィアンとジェラルド・ムーアのすれ違いの大恋愛、どうぞお楽しみに!

■壁紙ダウンロード
Webコバルト内コンテンツより。
800×600  1024×768  1280×1024
ご案内

花衣沙久羅

Author:花衣沙久羅
HP沙漫沙

花衣沙久羅の本の最新のご案内です。

最近の本
関係リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。